忍者ブログ

日々つれづれ。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脳天気な旅行記の途中ですが。

金曜日、案外大きい揺れを感じて会社の外に出て、
そこで同僚と「でかかったね〜」なんて話しているときには、
こんなに凄まじいことになっているとは思わなかった。
私、阪神大震災を経験しているのに、それでもなんと言う想像力不足。

土曜の夜は一晩中地震警報が携帯に入って、
体感余震はそれほどなかったけど、それでも恐ろしくてしょうがなかった。
「強い揺れに備えてください」って言われても、緊張して身を固くしてしまうのがせいぜい...
こういうとき一人暮らしは心細い。
阪神の時は実家にいたからな...

でも、被害ゼロの私でもこんなにおびえてしまうのに、
被災した人たちの恐怖心はいかばかりか...
地震より、津波の恐ろしさを思い知らされた。

明日から忙しくなるから、大量に作った暖かいポトフを食べながら、
瓦礫の山の被災地のニュースを見ていると、
どうしようもないけど申し訳ない気になってくる。

今できることは募金くらいか。
いろんなとこが募金を募っているけど、
自治体に直接寄付が一番効率的という情報をもらった(ひらたく言えばピンハネなし)
じき公式の義援金が立ち上がると思う。

阪神のときにはそれでも瓦礫の下から何日かぶりに救助されたとか、
ちょいちょい明るいニュースがあったけど、今回は、津波の被害ではそれもなかなか聞かれない。
なにか明るいニュースは、と思っていたら、
今日やっと、15km沖合を漂流していた男性が救助されたとのニュースが。
壊滅状態の名取市で、配給のおにぎりをうれしそうにTVカメラに見せるちっちゃい男の子。
「チリ地震を経験してるから、今度も乗り越えられる」と気丈に笑うおじいちゃん。

それから、ニュースサイトに出てた、仙台空港から救助された女の子の笑顔。

孤立してる人たちが、一刻も早く救助されますように。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
  ご無沙汰しています。
映像を見るたびに胸が痛くなります。
そんな中、避難生活を送る小学生の女の子が、
「もっと小さい子や赤ちゃんがいるから」と言っていたのにすごく胸を打たれました。
今は節電や募金くらいしかできませんが、
この先もっともっと助けが必要になると思います。
みんながひとつの方向を向いて、
小さな力が大きな力に変わると良いですね!
ny-cafe 2011/03/16(Wednesday)03:04:37 Edit
ny-cafeさま
  被災地の報道は減ってきましたが、精神的にも肉体的にも本当に苦しくなってしまうのはこれからだと思います。都会では買占めが増える一方、本当に困っている人たちは自然と譲り合う...
人に本当にやさしく出来るのは、痛みを知っている人たちなのかな...私だって当事者の本当の痛みは、到底わかりません。でも決して一時的な同情で終わらせてはいけないと思ってます。できることを続ける事が大事だなと思います。
vackersno 2011/03/17(Thursday)21:34:28 Edit
この記事へのトラックバック
Trackback URL
最新CM
[03/17 vackersno]
[03/16 ny-cafe]
[03/08 vackersno]
[03/08 ny-cafe]
[02/16 vackersno]
[02/16 SuzyQ]
[02/15 vackersno]
[02/15 SuzyQ]
[02/10 vackersno]
[02/10 SuzyQ]
最新TB
(02/14)
(10/15)
photoback
プロフィール
HN:
vackersno
性別:
女性
自己紹介:
放浪生活を夢見つつ、
現在は東京に生息中の関西産。
おいしいものと好きな音楽があれば
まあいいか。

上記旅行blogも更新中。
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]