忍者ブログ

日々つれづれ。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週は、イタリア文化会館で、
ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品を、
連日、無料上映しちゃってくれておるのですよ。
太っ腹!

初日はNUOVO CINEMA PARADISO。
これ、昔DVDで観たことあるんだけど、
そのときは正直、「ふーん」って感じだった。
期待が大きすぎて・・・。

どーも涙もろくなってきたんですかねえ・・・。
今回はもーぼろ泣きですよ。
なんといいますか、郷愁のツボを押しまくられた感じです。

ちょーど去年の今頃は、シチリアをぶらついていたので、
そのときの空気感も甦り。
シチリアのヒトは表情が豊かだ。
そのまんま、ノーマン・ロックウェルの絵になりそーじゃないか。
ありふれた日常こそドラマだわ。

なんて能書きはどーでもえーか。

いまどきのきゃぴきゃぴした少年が2人、
(きゃぴきゃぴってのは男子にも使えるんでしょうかねえ?)
一緒にこの映画を観に来ていたのに、別々の列にひとりずつ座っていた。
そこにもうひとりお友達が来て、ひとりの横に座ろうとする。

「だめだよー。離れて座れよ!」
「なんでー?」
「ひとりで座ったほうが思いっきりひたれるだろー?前の列行けよ!」
「いいじゃんかー」

先に座っていた少年は、はじかれたように立ち上がって、
前の列に移動した。
「なんだよー」
「ひとりで観たいんだよ!」
「わかったってば」

3人は列越しに他愛ないことを楽しそうに話していたけど、
好きな映画の話になったとき、ひとりが言った。

「この映画さ、やっぱ劇場で観たかったんだよな。
同じタイミングで、自分以外の人がくすくす笑ったりするのが聞こえるとか、
そういうのがまたいいんだよ」

う~ん。ほんと、けっこうちゃらけた感じの兄ちゃんたちだったけど、
あなたがたのようなお客さんに観てもらえると、
映画監督冥利に尽きるってもんじゃないかしらね。
やっぱDVDより劇場やんな。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
最新CM
[03/17 vackersno]
[03/16 ny-cafe]
[03/08 vackersno]
[03/08 ny-cafe]
[02/16 vackersno]
[02/16 SuzyQ]
[02/15 vackersno]
[02/15 SuzyQ]
[02/10 vackersno]
[02/10 SuzyQ]
最新TB
(02/14)
(10/15)
photoback
プロフィール
HN:
vackersno
性別:
女性
自己紹介:
放浪生活を夢見つつ、
現在は東京に生息中の関西産。
おいしいものと好きな音楽があれば
まあいいか。

上記旅行blogも更新中。
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]