忍者ブログ

日々つれづれ。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日はジャスパーからレイク・ルイーズへ移動。
WHの時果たせなかった、レイク・ルイーズでのハイキングをするため、レイク・ルイーズに1泊の予定。

移動はジャスパーの小さなツアー会社のバンで、ところどころカメラストップをしながら移動。
お客は私のほかはイギリス人のご夫婦だけで、
結構早いスピードで移動。
早すぎて、ペイト・レイク飛ばされた・・・。
一番楽しみにしてたのに~!

でも、スタッフィールド氷河やボーレイクがきれいだったから許す。
ボーレイクが道の向こうにきらっと見える瞬間は相変わらず感動的。
et273.jpgcan23.jpg



















14時ごろレイク・ルイーズ・ビレッジ着。
レイク・ルイーズから4kmほど離れたビレッジにあるYHにまずはC/I。
このYH,ログハウスのとてもきれいなYHで居心地よし!

湖までは、トレイルを歩いて50分くらい、というので
地図を見ながら向かったけど、はなっから入り口を間違えたらしく、
車道をぜーはーいいながら登り、トレイルに入ってえらい遠回りしてもーた。

結局湖に着いたのは16時。
はたしてこれから、お目当てのレイク・アグネスに行けるのか?
往復3時間半くらいというから、行けなくはないけど、
途中で暗くなったらイヤだし。
とりあえず今日は湖沿いの道を軽く散策だけ、と思ったけど、
天気いいし、勢いで登り始めてしまった。

時間がないのでかなり早足で行った上、ず~~~っと登りなので結構キツい。
暗くなる前に戻らなくちゃ!と思っているし、
あまり人にもすれ違わないし、不安になってくるけど、
今更引き返すわけにもいかないし・・・
まだかまだか、と登りまくっていたら、水の音がして、
どうにかレイク・アグネスについた。
ほとりにはティーハウス。
もっとちっぽけな建物を想像していたけど、かなりかわいいログハウス風。
まだ人が結構お茶をしていた。
ここでのんびりしたいけど、ここまで登ってもViewが得られていないし、
中東っぽいカップルが、私より少し先を目指して歩いていたので、
もうすこしだけ登ることにする。
1km行けば、Viewが得られるみたいだったので。

湖を半周したところで、もんのすごいジグザグの登りになった。
なんじゃこりゃ?
もうとっくに1km歩いてるよ。なのになんだこのキッツい登りは?
さっきのカップルも追い越しちゃったし、どんどん日は傾いてくるし、
風はキツくなってくるし。
なんどかくじけそうになるけど、
しかし、ここまで登って今更引き返せるか~!
ddded7a8.jpeg



















アグネス湖半周。結局右に見える崖のてっぺんに登るはめに(笑)。

かなり息切れがし、心細くなってもきたけど。よーやく頂上にたどり着いた。
また道を間違えていたらしく(笑)、BIG BEEHIVEというこのトレイルの頂上に来てしまったらしい・・・。
しかしここからはまだなにも見えない。
ごつごつした岩を越え、端っこのほうに進むけど、
道らしき道はない・・・。

かなり崖っぷちから覗き込むと、
ようやくレイク・ルイーズが見えた。
もんのすごいターコイズ・ブルーの色。
can24.jpg














めっちゃきれ~~~~~い!!
息切れしつつ来た甲斐があったよ~~!

しかし、足元、柵なし90度の崖っぷちで、
けっこう怖いっす。

この写真に写ってる建物から登ってきたわけだから
(しかもその前にビレッジからの登り4kmもあるし)
結構頑張ったぜ・・・。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
最新CM
[03/17 vackersno]
[03/16 ny-cafe]
[03/08 vackersno]
[03/08 ny-cafe]
[02/16 vackersno]
[02/16 SuzyQ]
[02/15 vackersno]
[02/15 SuzyQ]
[02/10 vackersno]
[02/10 SuzyQ]
最新TB
(02/14)
(10/15)
photoback
プロフィール
HN:
vackersno
性別:
女性
自己紹介:
放浪生活を夢見つつ、
現在は東京に生息中の関西産。
おいしいものと好きな音楽があれば
まあいいか。

上記旅行blogも更新中。
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]