忍者ブログ

日々つれづれ。

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エヴォラから路線バスを乗り継いでおよそ1時間半。
コルクとオリーブの木、牧場や畑の中にある丘の上に
ぽっかりと浮かぶ、人口800人の小さな村、モンサラーシュへ。
6926af2e.jpeg




















村からは周りの景色が360度見渡せます。
パッチワークみたいなパノラマ。
f76e73bd.jpeg



















中心部でもほとんど人をみかけない、ほんとに静かな村。
15分で歩き終わってしまうけど、ここから眺める景色は何時間見てもあきないよー。
太陽の光とともに、周りの畑も街の白い建物も、どんどん色が変わっていくからね。

猫も幸せそうじゃないか。
ae0f6471.jpeg



















ここの空気の透明感もすごいぞ。
広末涼子の比じゃないぞ。
c89091d3.jpeg



























この村は、「沈黙の音がする」といわれているそーです。
確かに静かだ。
そんなわけで、その静けさを堪能するため、城跡に登ってみたのですが、
その城跡付近で大々的に土木工事が進行中。
がががが、ががががと地面をほじくり返す音が響き渡り、沈黙の音どころではなーい(笑)!

そんで村の反対側の鐘楼に登って、空っ風(結構冷たいのよコレが)にびゅーびゅー吹かれながら、
ゆっくりと日が沈んでいくのを眺めます。4b8d6c9c.jpegこちらも風の音がすごいけど、「この世にひとり」気分は満喫。



























日暮れまでがんばったため、すっかり手がかじかんだ。
猫さんがひなたぼっこしていたカフェに入ると、ぱちぱちと暖炉で火が燃えていて、
ふんわりとした暖かさがここちよい。
やっぱり火のぬくもりは格別。

オレンジ色一色の夜の村もすてき。
さて、ごはんを食べにでかけましょう。
1a934508.jpeg



















拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
Trackback URL
最新CM
[03/17 vackersno]
[03/16 ny-cafe]
[03/08 vackersno]
[03/08 ny-cafe]
[02/16 vackersno]
[02/16 SuzyQ]
[02/15 vackersno]
[02/15 SuzyQ]
[02/10 vackersno]
[02/10 SuzyQ]
最新TB
(02/14)
(10/15)
photoback
プロフィール
HN:
vackersno
性別:
女性
自己紹介:
放浪生活を夢見つつ、
現在は東京に生息中の関西産。
おいしいものと好きな音楽があれば
まあいいか。

上記旅行blogも更新中。
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]